awsの概要やメリットとnecが行うaws運用サービスについて

クラウドコンピューティングサービスが拡大される中で、awsと呼ばれるサービスが注目されています。果たしてawsとはどのようなサービスであり、導入することでどのようなことが実現できるでしょうか。またnecではaws利用者が快適に利用できるためのサポートを行っていますが、その内容について紹介します。

さらに、necではaws上で運用可能な新しいソリューションの開発を行っていますが、一体どのようなサービスでしょうか。

→awsを運用することで得られるメリットと注意点

クラウドコンピューティングサービスが注目されています

インターネット技術の発達に伴いクラウドコンピューティングサービスが注目を集めています。何故、クラウドコンピューティングサービスが注目を集めているかといえば、サーバー機器の購入や管理などの手間がかからないからです。

インターネットがつながる環境であれば、どこからでもクラウドコンピューティングサービスが利用できるため、すぐにでも必要なサーバーなどのリソースが揃うといったメリットがあります。

awsとは何か

世の中には数多くのクラウドコンピューティングサービスが提供されていますが、その中でもアマゾンが提供するawsに注目が集まっています。awsとは、Amazon Web Servicesの略称です。インターネット通販で有名なアマゾンの関連企業が提供しているクラウドコンピューティングサービスですが、もともとはアマゾン自身のネットワークインフラを構築・運用するために作られたものでした。

実際に運用を開始したところ世界中からアクセスが集中し、それに対応するためにサーバ機器の増設などインフラを強化していきました。それがいつしか、アマゾン以外の企業にもサービスを提供しようということでawsが始まったのです。

awsを使ってできることとは

awsでは様々なサービスが提供されていますが、どのようなことが実現できるのか気になるところです。実はawsには100を超えるサービスがありますが、その中でも以下の4つのサービスが注目されています。まずはサーバーを構築・運用できるAmazon EC2と呼ばれるサービスです。

サーバーといってもここでは仮想サーバーのことであり、必要に応じてスペックを変更することが可能です。さらにWindowsやLinuxといったOSを選ぶこともできます。サーバーの構築というと時間がかかるイメージがありますが、早ければ数分程度で構築が完成する手軽さも見逃せません。

次にデータ保存及びコンテンツ配信サービスを提供するSimple Storage Service、通称Amazon S3です。このサービスではインターネットを経由してWordやExcelなどのファイルを保存することができます。

保存できる容量やファイル数に制限がなく、さらにデータ消失する恐れがほとんどなく安全性が高いものです。続いてはデータベース利用サービスであるAmazonRDSです。通常データベースの管理には、専用サーバを構築し、さらに専用ソフトをインストールしなければ使うことができません。

しかしAmazonRDSでは、主要なデータベースソフトを簡単に操作することが可能です。データベースサーバーを管理する手間が省けるため、必要な時にデータベース作成すれば良いというメリットがあります。最後は、プログラムの実行環境を提供するaws Lambdaです。

これはプログラムを予めawsに登録しておくことで、自動処理を行えるようにしたサービスです。通常ジョブを起動させるときにはサーバーを用意しなければなりませんが、aws Lambdaを使えばわざわざ自前のサーバーは必要ありません。

さらに他のプログラムと連動させたり、自動バックアップを取ってくれたりするので管理がとても楽です。

awsのメリット

このようにawsに様々なサービスがありますが、利用する上で重要なことはそのメリットを知っておくことです。最大のメリットはコスト面にあり、ハードやソフトを購入する必要がなく初期費用が大幅に抑えられます。利用料金は従量制となるため、定額制と比較すると無駄なコストがかかりません。

一方で、インターネット上でデータなどを保管するため、セキュリティーを心配する声が聞かれます。しかし、様々な第三者機関認証を取得した環境を利用し、常に最新のセキュリティー対策が施されているため、セキュリティー面でも大きなメリットがあるのです。

その他にも、すぐにサーバーを利用できるスピード感や、サーバーを設置する場所を取らないスペース面でのメリットも受けられます。

necではaws利用をサポートしています

日本を代表する電気メーカのnecでは、aws利用をサポートするサービス(nec クラウドサービス for aws)を提供し、直接契約では得られないことが実現できます。

例えば、利用料金の支払いにおいて、aws直接契約ではクレジットカードでの支払いのみですが、nec クラウドサービス for awsを利用すれば、日本円での銀行口座支払いが可能です。

請求書も発行されるので、日本のビジネス習慣にあったものとなると評判です。また、毎月アドバイザリレポートを発行して、無駄のない運用ができるようにサポートします。アドバイザリレポートには、使用率の低いEC2インスタンスやアイドル状態のRDSなどを表示し、改善ポイントなどを指摘しています。

さらに、awsの障害に備えた専用保険サービスにも注目です。これはaws障害によってデーター消失などの損害を被った場合、aws利用者にかかる損害賠償金などを保証する制度です。

aws上で運用可能なソリューションの開発

ところでnecでは、awsを土台とした新しいソリューションサービスを提供すると発表を行いました。

それによれば、aws上で運用できる新しいモバイルコアソリューションを開発したというのです。工場などの各産業では無線ネットワーク技術が次々と導入されていますが、その中でも次世代ネットワークである5Gを活用しようと考える企業が増えてきました。

しかし、それだとネットワーク構築にかかるコストや、ユーザーが増えることに対する拡張性の課題が浮上したのです。このような課題を解決するために、necでは自社が持っているモバイルネットワークサービス技術を、aws上で運用できるようにと、新しいソリューションを提供することにしました。

仕組みとしては、コアネットワークの制御信号を処理する機能をaws上に集約しながら、ユーザーデータを処理できる装置を導入企業側へ配置させることで、各企業ごとのモバイルネットワークを構築させるのです。これが実現できれば、サーバー構築などの初期費用を削減できるだけでなく、高速かつ拡張性の高いモバイルネットワークの実現が期待されます。

これからのawsに注目です

awsには様々なサービスがありますが、サーバー環境構築・データ保存やコンテンツ配信などの4つのメインサービスは、利用者も多く是非知っておきたいものです。またnecでは、aws直接契約では得られないサポートを提供しているので、初心者にはありがたいサービスかもしれません。

さらに、aws上で活用できる新しいソリューションの開発もあり、今後の技術発展も見逃せません。